PAGE:055

http://www.shimohira.co.jp/ 事業案内>受配電設備>高圧受変電設備(受電設備のリニューアル )
 
 
受電設備のリニューアル案内-下平電機製作所

 
 

受変電設備の更新について

 
 各機器が年数が経過すれば機器の故障、事故につながり大停電につながり 社会的な問題となり、又企業の生産性、信用性など色々と問題が発生いたします。備えよ常にとの言葉ことがあるように、大切かと考えます。
 当社では、長年の実績と経験とノウハウでお客様により、信頼をいただいています。 綿密なる事前調査により経済的な計画により短時間で作業が終了しお客様に 時間的ロス発生しないようにと、お客様と一体となり、リニューアル事業を推進しています。
 配電盤の更新推奨時期に関しては国土交通省などからも資料がありますが。 配電盤工業会では技術資料が発行されて、各事業所方面に判定の手引きを利用して いただき、事故を未然に防いでいます。
   
 

更新にあたっての判定フロー

 



  参考文献
官庁建物修繕措置判定法・同開設・・・・(財)建築保全センター
汎用高圧機器の更新推奨時期に関する調査・・・・(社)日本電機工業会
配電盤の更新推奨時期 判定の手引き・・・・・・・・・・・(社)日本配電盤工業会
 
 

電気設備更新の目安

  ◎高圧受電設備交換推奨年:20年

◎機 器
機器名称
交換推奨年
交流遮断器
20年
変圧器
20年
コンデンサ
15年
高圧交流負荷開閉器
15年
電力ヒューズ
15年
配線用遮断器
15年
断路器
15年
VT・CT
20年
避雷器
15年
保護継電器
15年
 
備考1.配電盤及び機器の耐用年数は、おおむね15年とされている。
備考2.交換推奨年は、(社)日本電機工業会発行の「汎用高圧機器の更新推奨時期にかんする調査」
    及び(社)日本配電盤工業会発行「配電盤使用状況実態調査報告書」から抜粋した。
   
 

耐用年限終期の状態

 
  1. 故障率が高くなり、経済的でなくなった時点
  2. 交換部品の入手が困難になった時点
  3. 修理が技術的に不可能になった時点
  4. 性能低下、安全運転が維持出来ないと判断した時
  5. 旧式により運転費の増大
   
 

リニューアルの時前に検討しておきたいエネルギー削減対策

   環境問題でエネルギーの削減が現在大きく取り上げられます。
 事前に省エネルギー対応が必要か考えます。
 ◎ いつも、ロスが発生している、変圧器の銅損、鉄損を高効率の変圧器に取り替えましょう。
 ◎ 力率の改善を自動力率装置で無効電力の発生を少なくしましょう。
 ◎ 常に必要な機器の電流を測定し無駄の無い管理を行い、いつもデータ管理をし、
 何が無駄な電気を使用しているか、早急に対策をとることが必要です。
 ◎ 電気の管理が多数ある場合には各電気室の状態、故障、計測、を一括にデータをまとめ
 センターに情報を送るシステムが必要と考えます。
 ◎ 各機器の中で、使用状態に対してムダが発生しやすい機器のついてはインバータを
 組み込み最適な稼動を考慮する事が望ましいと考えています。
 ◎ 特に空調機に関しては夏のみ電気の使用量が多く契約料金の余分な料金が発生しています。
 電気で考える場合には深夜電力を別契約をし、エコアイス システムを取り入れ昼間の電気使用を
 深夜に切替て契約料金の低減を図ります。
 ◎ 又深夜電力の使用で温水を深夜に湯沸しする事も、契約電気料金の低減を図ります。
 ◎ 太陽光発電も考慮して余分な電気を昼間に電力会社に販売する事も考えられます。
 ◎ 本格的には発電機との連系でコジェネレーションを考えエネルギーの効率を考え
 電気、温水などの利用が考えられます。
 ◎ 小店舗などでは、燃料電池にて発電をしてCO2の発生を防ぐ事が今後本格的になるでしょう。

  戻る