PAGE:006
http://www.shimohira.co.jp/ 会社案内>沿革
   
会社沿革-下平電機製作所
 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正15年05月
下平宇三郎、下平電機製作所創業。 主として開閉器と配電盤の製作販売を行い、 満州にも販路を広げる。
昭和19年02月
資本金50万円の株式会社下平電機製作所設立。 初代社長に下平宇三郎。
昭和28年10月
戦後の復興期から飛躍期に移行すると共に資本金を200万円 に増資し、設備の増強を図る。同時に松田元太郎が取締役社長に、下平宇三郎が取締役会長に就任。
昭和34年11月
生産高の急増に伴い、府下八尾市のJR久宝寺駅前に 移転用地を買収。
昭和35年02月
新工場の建設に伴い資本金を400万円に増資。
昭和36年02月
新工場の建設完了。設備、人員ともに旧工場より完全 に移転。
昭和38年07月
資本金を、1,000万円に増資。
昭和39年06月
西日本営業強化のため広島営業所開設。
昭和41年07月
資本金を2,000万円に増資。 八尾市内に分工場を建設し組立部門の増強を図る。
昭和44年05月
需要増の消化のため鈑金工場の新増設を完了。引続いて設計、 研究室の拡張。
昭和45年03月
東日本営業強化のため東京支店開設。
昭和45年06月
資本金を3,000万円に増資。
昭和45年09月
八尾市内に新鈑金工場を建設し同年末に本社工場の鈑金部門 を移転完了。 これにより鈑金、組立の能力が大幅に増大。
昭和45年10月
規格品事業部の滋賀工場を新設。
昭和46年08月
資本金を、3,750万円に増資。
昭和49年03月
専務下平道夫が取締役社長に就任。
昭和49年11月
生野税務署長より優良申告法人の表敬状を受ける。
昭和51年07月
資本金を、4,875万円に増資。
昭和52年04月
本社工場にオフィスコンピュータ、老原工場にNCパンチプレス、 テープ自動作成装置を始めとする新鋭鈑金機械を導入。
昭和52年07月
規格品事業部の事務所及び工場、倉庫を老原工場敷地内に 建築しその移転を完了。
昭和54年09月
本社工場の一部に鉄筋2階建屋(660平方米)新築し、1階は 機器用制御盤組立工場に、2階は営業、設計、製造、検査を含 む総合事務所とする。
昭和54年10月
電子制御を中心とする標準品の量産工場を新設。
昭和56年12月
開発室を拡張し電子製品開発用設備機械を増設。
昭和58年12月
本社工場内にプリント基板加工室を新設し専用の製造、検査 装置の移設と新設を完了。
昭和59年02月
規格品事業部の松原工場(松原市)を新設し老原本部工場の 作業の一部を移転し稼働。
昭和59年09月
本社内に下平電子事業部門を創設し電子製品の開発、 製造、販売を担当させることとする。
平成元年06月
電子事業部を発展的に独立、電子応用製品の開発と生産に より一層の充実を図るべく、下平電子工業株式会社を設立。
平成02年01月
鈑金事業部を独立し、下平金属工業株式会社を設立。 資本金4,500万円。
平成05年02月
大阪狭山市内に狭山工場を建設。
平成06年11月
八尾に下平金属工業第二工場(粉体塗装)を建設。
平成07年04月
創立70周年記念式典挙行。
平成09年07月
資本金を9,750万円に増資。本社中央工場竣工。 タイに合弁会社(シモヒラ・タイランド)設立。
平成10年11月
ISO 9001 認証取得(登録証番号 JQA−2773) 渇コ平電機製作所(本社)
平成11年02月
特定建設業許可(大阪府知事 許可(特-10)第110668号)
平成17年04月
創立80周年記念式典挙行。
平成19年12月
規格品事業部狭山工場にて新生産管理ERPシステム稼動開始。
平成21年10月
ISO 14001 認証取得(登録証番号 JQA−EM6428) 渇コ平電機製作所(本社)