PAGE:015

http://www.shimohira.co.jp/ ISO認証取得について
  ISO
 
 
ISO9001取得-下平電機製作所
 
 

ISO認証取得・CSR(企業の社会的責任)について

 


 
  顧客の信用を高めると共に我が社の安全、品質、生産向上を常とする。
 
 我々、下平電機製作所は全員一致で顧客満足(顧客重視)第一に、品質・環境マジメントシステムの規格要求事項に従ったマネジメントシステムを構築、維持し、安定した高品質の受・配電盤、各種制御装置を社会に提供し、社会貢献をはたすと共に、従業員の幸せを追求します。

 

 


 ISO 品質・環境方針

◎I S O 9001:2008  認証取得 1998.11.13  登録証番号 JQA―2773

<品質方針>
株式会社下平電機製作所 及び 下平電子工業株式会社は、次の方針に基づき品質マネジメントシステムの継続的改善活動を推進します。

(1)関連の法遵守
当社に係わる事業活動に関する法令、社内のルール、ISO9001の規格要求事項及び、その他の要求事項を遵守し、品質の向上に努めます。
(2)方針達成
方針達成のために、品質目標を設定し、定期的に見直しを行い品質マネジメントシステムの有効性を維持し継続的な改善に取組み、顧客満足の向上を図ります。
(3)品質改善・生産性向上の展開
ひとりひとり業務の流れ、仕組みの品質向上、社員のレベルアップを積極的に実践できるようにこの品質方針及び品質目標を全従業員に周知します。

◎I S O 14001:2004     認証取得 2009.10.23   登録証番号 JQA―EM6428

<環境基本理念>
  当社は環境と調和した社会の実現のために、業界に先んじて環境問題に取り組む企業であることを基本理念とする。

<環境方針>
(1)当社は、受配電盤、システム制御盤及びプリント基板に関する開発・製造・販売・サービスの活動を通して、環境負荷の低減を目指し、環境汚染の防止に努めます。
(2)環境目的・目標を設定し、その実現を図り、定期的な見直しをすることにより、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
(3)環境関連の法的な要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
(4)環境負荷の低減のため下記に取り組みます。
@環境負荷の低い材料の情報を集め、製品開発を目指します。
A省エネルギー、省資源の推進及び廃棄物の削減に努めます。
B使用する材料について、積極的にグリーン調達を行います。
(5)環境方針を文書化し、全社員に周知徹底すると共に社外にも開示します。また、社員の環境保全意識の向上を図るため、教育・啓蒙活動を推進します。

 


 CSR(企業の社会的責任)への取り組み

◎エコキャップ運動

■エコキャップ運動の取組
当社では、CSR活動の一環として、エコキャップ運動に参加しています。
※NPO法人 エコキャップ推進協会が推進  http://ecocap.or.jp/

ペットボトルにキャップをしたまま廃棄すると、中に残った飲料が発酵することにより、爆発する危険性があることが指摘され、 キャップを外して捨てるという運動が起こりました。 それがさらに発展し、外したキャップをリサイクル業者に売却し、 その売却益で購入したワクチンを発展途上国の子供たちに届けようという今の取組みになりました。

下平電機では、本社にペットボトルの回収ボックスを設置しております。

 

 

H25.7.16設置

H25.10.1 回収

 

【エコキャップ収集管理表】

H27年4月7日現在、 19,995個 の回収がありました。
(ワクチン 23.3人分・累計のCO2 146kg)

ご協力ありがとうございました!
※エコキャップ推進協会指定業者に寄贈し、受領書を受け取りました。

〜回収にあたってのお願い〜

◎清涼飲料用のキャップのみが対象です
 調味料等のキャップはプラスチックの材質が異なることや、
 汚れがひどい場合が あるため、回収の対象は飲料用キャッ
 キャップのみとなっております。

◎付着しているシール等を取り除いてください
 値札やキャンペーンのシールは紙やビニールであるため、
 キャップをリサイクルする為には、取り除く必要があります。
◎汚れたキャップは軽く洗っておいてください
  飲料が付着したキャップは、臭いやカビの原因になります。
◎マジック等で色をつけたものは回収できません
 加工されたものもリサイクルできません。

 

  戻る